わーるういんどのメタボな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 420×184×102

<<   作成日時 : 2017/12/10 20:59   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

本日は二ヶ月振りに群馬県某所へ

画像
まるでデジャヴのような光景が広がっています・・・が
アニバーサリーの位置など微妙に違いがあります
あまりじっくり見られるとネタがばれてしまいそう

さて今回の記事のタイトル、なんの事だかわかりますか?
これは車検証に記された車のボディサイズ
もちろん全長×全幅×全高でcm表記です

前回ご紹介した550のレプリカに乗っているAさん(仮)
他にスゴイ車のレプリカを手に入れていると書きました
その車を購入することになった時にAさんが紹介したのが件の車検証の一部
「車はなんだと思います?」と内緒にされていました
他にも1180kgの重量と530kg・650kgの前後軸重がヒント
何しろ102cmという低い車高はそうそうあるものではありません
それに軸重からみるとミッドシップ
ロータスにしてはデカいしミウラとかでもAさんぽくないしそこまで低くない?
うーんと唸っているうちに一台の車が頭に浮かびました
なんだと思います?

・・
・・・
まさかとは思いましたが結果的にはワタシの想像通りでした
正解ご紹介前に特徴的な部分から
画像
だいぶ低い位置に取り付けられたテールライト
このフェンダーの膨らみなんかも魅力的
画像
ノーズを横から見たところ
プレキシグラスのヘッドライトカバーや少しとがったノーズが特徴
画像
それを前から見るともう一目瞭然
画像
正解はFORD GT40です

1960年代、ル・マンを始めとするレースシーンを我が物顔で荒らしまわったフェラーリ
毎週のように新聞に載るフェラーリ勝利の記事にフォードの会長は
「我が社は莫大な広告費をかけているのにこのヨーロッパのちっぽけなメーカーはそれをかけずに我が社以上の宣伝をしている」と激怒したそう
そのためてっとり早くフェラーリ買収を画策するのですがエンツォからはすげない返事
更に激怒した会長「ル・マンでフェラーリを負かす車を作れ」とツルの一声
こうして生まれたのがFORD GTだというのは嘘か真か良く語られる逸話
およそフォード製とは思えぬ流麗なボディを纏ったこの車
GT40と呼ばれる事が多いですが40インチというその車高から来ています
レギュレーションがころころ変わるこの時代
250系の車が古くなってきたのかフェラーリが振るわなくなった事もあってか
GT40は66年からル・マン四連覇を達成しました
しかし長く勝つと勝たせないようレギュレーション変更があるのは世の常
四連覇中も後半は既にワークスが撤退しプライベータが活躍しつつGT40の時代は終焉を迎えます
1970年からは怪物917を擁するポルシェが頭角を現しフェラーリと激闘
マックイーンの「栄光のル・マン」でもポルシェが勝ちましたが現実でもフェラーリが勝つ事はなく
フェラーリはF1一つに集中するためスポーツ・プロトタイプカテゴリーからは撤退しました

そんな訳で我がフェラーリを蹴散らし一時代を築いた名車GT40
そのレプリカをAさん(仮)は手に入れてしまったのでした
そもそもレーシングカーのGT40
こんなのに偶然路上で出会ったらビックリするだろうなぁ
せっかくなので少しばかり写真を撮らせていただきご紹介
画像
それにしてもAさん(仮)
ホントにブルーがお好きですなぁ
C5コルベットも550もブルーですもんね
画像
エンジンは何ccだったかな?
アメリカだとエンジンとかミッションが部品として手に入るそうで好みにいじったりするそう

エンジンフードはBBやミウラのように後ろにパカッと開くタイプ
画像

画像
微妙なボディのうねりが陽光を絶妙に反射して素敵です

40インチという車高は超絶的な低さ
画像
今回自分と348の写真を撮ってもらいましたが
画像
※いつかは降りるんだからこういうの意識的に撮っておかないとね
ほぼ同じ体型の弟に立ってもらったGT40と比較
画像
こうしてみるとかなりの低さですね
348の車高は117cm(ちなみに旧NSXと同じ)ですので通常の国産よりはかなり低いですが
それよりも15cmも低い訳ですから相当な低さです
これより低い市販車ってそうそうないかも

カメラ:
 Nikon D7200
レンズ:
 Nikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
420×184×102 わーるういんどのメタボな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる