わーるういんどのメタボな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は3月18日

<<   作成日時 : 2017/03/18 21:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

Googleのロゴも特に何かに変わっているでもなく

何事もない一日
ワタシには先に書いた一山越えたお仕事が本番移行を迎え
休み明けのユーザーさんによる利用開始までは安心できないものの
なんとなく肩の荷が下りた感じ
三連休もまだ二日残ってるしのんびり過ごそう

そんな本日
たまたまウィキのTOPの「今日は何の日」に気になるものが・・・

先日体調が回復しかけた頃に見た一本の映画「アサシン クリード」
死刑執行され死んだはずの死刑囚が「エデンの果実」という秘宝を巡る陰謀に巻き込まれ
特殊な装置で先祖の記憶を追体験しながらその秘宝を追う物語
先祖が生きた時代は15世紀のスペイン
先祖とシンクロした主人公は秘宝を守るアサシン教団の一員として
テンプル騎士団と闘いを繰り広げます
パルクールをもとにしたアクションはなかなかなのですが
いきなり過去に放り込まれ訳もわからず行動する主人公に感情移入できず
イマイチな印象ではありました
気になったのは敵であるテンプル騎士団
これが前述の「今日は何の日」に繋がります

1314年3月18日
テンプル騎士団最後の総長として有名なジャック・ド・モレーが火刑に処せられました
実際はもうちょっと後になりますが
テンプル騎士団の名を持つ団体は事実上この段階で壊滅しています
ヨーロッパ各地では生き残った団員もたくさんいたはずですが
あからさまにテンプル騎士団を名乗っていたのかは良くわかりません
でも映画の時代では教皇の命で騎士団が壊滅してから100年も経っているので
なんとな〜く違和感を感じたのでした

前にも書いた事がありますが
13日の金曜日が縁起が悪い日というのも
テンプル騎士団がらみ
よく「13日の金曜日に団員が処刑され騎士団が壊滅した」と言われますがそれは間違い
時のフランス王美男王フィリップ四世が傀儡の教皇クレメンス五世を操り
逼迫した国の財政事情や己の絶対王政を目指すために
テンプル騎士団の財産を奪い取るべく異端審問の名を借りて
国中で一斉に騎士団の逮捕に踏み切ったのが1307年10月13日金曜日
以降団員は激しい拷問を受け続け謂れのない罪を認めてしまった者も多いと聞きます
でも総長他幹部たちは頑強に抵抗を続け
結局罪を認めないまま1314年3月18日に火刑になったのです
モレーは執行間際にフィリップ四世とクレメンス五世に呪いをかけたとか・・・
そんな訳でその二人は同年に相次いで死んでしまったそう
本当に呪いで死んでしまったのか・・・な?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日は3月18日 わーるういんどのメタボな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる