わーるういんどのメタボな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンと植村直己

<<   作成日時 : 2017/01/14 22:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さんご存知ないかもしれませんが

ワタシの愛用するカメラのメーカーであるニコンは
今年晴れて創立100周年を迎えるそう
特設WEBサイトも出来ていよいよその年か・・・といった感じ?
100周年を記念して一昨年秋品川インターシティにニコンミュージアムを開設
やはり品川にあるキヤノンSタワーの真向かいくらいにあるのは単なる偶然?
ニコンファンには(でなくとも)興味深い品々が展示されるミュージアム
今年に入ってからは極地での使用に耐えられるカメラをニコンが提供した縁で
冒険家・植村直己氏の特別企画展を開催中
画像
植村氏が北極での冒険で使用した防寒具や
画像
F2チタンウエムラスペシャル
実際に使用した犬ぞりや北極点に掲げた日の丸等の品々を展示
そして極地で植村氏自身が撮影した作品も多数展示
なかなか興味深いものがあります
1984年に北米の最高峰マッキンリー(今はデナリと呼ぶ)登頂後に行方不明となった植村氏
今も雪の中で静かに眠っているのでしょうねぇ

ミュージアムの常設展示には
画像
ニコンのカメラがずらっと並ぶ圧巻のコーナー
ハンザキヤノンにニッコールがついていた頃のものもあり・・・
ニコンミュージアムにキヤノンのカメラとはスゴイ
画像
それまでキヤノンに水をあけられていた感のあったニコンデジ一に革命を起こしたD3を中心に
ワタシが最初に使ったD80や今の愛機D700などもその近くにありますね
レンズのあれこれが簡単に学べるコーナーも一度見ておくと面白いです
最新レンズと古いレンズの見え方の違いコーナーでは
ワタシ愛用のA-N55のC無し版が使用されていました

ミュージアムのカメラと反対側は産業機器のコーナー
半導体・液晶パネルの露光装置や顕微鏡などが並びます
でも入ってすぐに目立っているのは合成石英ガラスのインゴットですね
なにしろデカいですしものすごく透明です

最近パッとしないカメラ業界
特にキヤノンやニコンのようにフルラインで手広くやっていた会社はだいぶきつそう
事業規模が違うでしょうが特色を出した機種で勝負しているメーカーの方が勢いがあるように感じます
今年のCP+はもうすぐですがどんなものが目を引くかな
一眼でD700みたいなのが出ないかと未だ期待しているワタシ
そしてニコワンで失敗した?ミラーレスへは何か動きがあるのかな?

その後は新橋に出て見られていなかったカレッタのイルミ見物
画像


画像


画像


画像


画像
ゆりかもめとコラボして一鉄
最近はイルミを長く実施するところが多くなってきているそう
カレッタもバレンタインくらいまでやっているみたい
思いのほか見物客も多かったです
でも地元ではお昼くらいには雪も舞っていた本日
夜のイルミ見物は凍えるような寒さでした

画像
平穏な一年を過ごせるようキャンドルに祈りを・・・

カメラ:
 Nikon D700
レンズ:
 Nikon AF 28-105mm F3.5-4.5D
 NIKKOR-S.C Auto 55mm F1.2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニコンと植村直己 わーるういんどのメタボな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる