わーるういんどのメタボな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 遥かなる大地へ 中編

<<   作成日時 : 2016/07/04 19:53   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

北海道旅行三日目の朝は早く

5時過ぎに目を覚まし外を見ると
屈斜路湖はスッポリと霧の中
これは・・・と早速美幌峠まで一っ走り
画像
屈斜路湖は見事な雲海
天気も良く幸先の良いスタート
霧の摩周湖が見られるかと思い朝食もそこそこに出発しますがそちらは不発に終わりました

摩周湖から下って少し先へ進むとそこはライダーの聖地・開陽台
画像
360°の展望が開ける地
はちみつかけ放題のソフトクリームを食べつつ景色を堪能
”地球が丸く見える”がキャッチフレーズですが確かに水平線が丸く・・・
あ、これはレンズのせいか

すぐそばの北19号線もライダーお馴染みの道
画像
アップダウンを繰り返しながら一直線に続いていきます

そのまま海岸沿いに出て辿り着くのは羅臼
画像
すぐそこに見える島影は北方領土の国後島です

羅臼から山道を登りきると
画像
背後に羅臼岳が聳える知床峠
知床横断道路もライダーおススメの走りごたえのある道

逆側に下りきるとウトロに出ますがその手前でフレペの滝へ立ち寄り
画像
乙女の涙とも呼ばれる滝
最近はヒグマが頻繁に出没しているらしいです

小清水原生花園にも立ち寄り
画像
花の時期にはちょっと早いようでしたが
エゾスカシユリやエゾキスゲが知床連山をバックに咲き誇っています

この辺りはオホーツクの海岸線を釧網本線が走っています
画像
折しも釧路方面の列車がやってきたので海岸線を入れて

そして網走にて一泊

四日目はひたすら北上です
網走から少し走ると日本で三番目に大きな湖であるサロマ湖へ
道の駅サロマ湖に立ち寄りますがなんとここはサロマ湖が見えない
一つ先に道の駅愛ランド湧別がありこちらにも立ち寄り
画像
こちらには遊園地が併設されています
その中からサロマ湖を望めます
ちなみにサロマ湖は汽水湖で日本で一番大きいそうです

更に車を走らせると興部(おこっぺ)を通り過ぎ雄武(おうむ)へ
こちらには興浜南線のモニュメント
画像
浜頓別〜興部を結ぶはずだった興浜線
全線開通することはなく興部〜雄武の南線と浜頓別〜北見枝幸の北線に分かれていました
その興浜南線も北線とともに1985年に廃線となっています
ちなみに町は”おうむ”ですが駅名は”おむ”でした

どんどん先へ進み枝幸の街を過ぎると見えてくる神威岬
画像
ここにも先ほどと同じように北線の名残
道路の上にもう一段何かが通っていたような痕跡あり
画像
灯台のある岬を回り込むようにここに興浜北線が走っていました

そして猿払を過ぎると本日の目的地
画像
日本最北端・宗谷岬に到達です

海を隔てうっすらと見えるのは
画像
樺太/サハリンです

四日目のお泊りは南稚内駅のほど近く
チェックインしてから少しお出掛け
画像
鉄道ファンから惜しまれつつ最近代替わりした真新しい駅舎と日本最北端の標

夕陽を見に野寒布(ノシャップ)岬へ
納沙布岬じゃないですよ
あちらは根室の先にある日本最東端の岬です

岬からは利尻富士を遠望
画像

最果ての地で眺める夕陽です
画像
でも観光客がたくさん

カメラ:
 Nikon D7200
レンズ:
 Nikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遥かなる大地へ 中編 わーるういんどのメタボな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる