わーるういんどのメタボな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 遅ればせながら行ってまいりました

<<   作成日時 : 2012/09/28 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

本日代休のワタシ

午後から回復するという天気予報に期待し
はるばる出掛けて来ました
画像
ん?どこだかわからない?
ここは東京都現代美術館
企画展「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に
遅ればせながら行って来たのでした
画像


1954年
戦後復興間もない日本に恐るべき怪獣が現れ東京の街を焦土と化しました
言わずと知れた東宝の傑作怪獣映画「ゴジラ」です
ここから始まった日本の特撮技術
目を見張るようなミニチュアワークは
幼少期に「ウルトラマン」などの特撮物を見て育ったワタシ等の世代には
ものすごく印象に残っているのではないでしょうか
当時撮影に使われた模型や資料などは技術の発展とともに失われているそう
そんな特撮技術の粋を後世に語り継いでいこうという展示会です

館内にはそんな当時使われたアイテム(複製含む)や資料が所狭しと並び
荒唐無稽なお話に大人が情熱をかけて取り組み
見た事のない映像を生み出そうという想いが感じられます
そしてやはり圧巻なのは
「巨神兵 東京に現る」
CGを一切使うことなく製作された短編映画
東京の日常に突然現れる巨神兵
無慈悲な攻撃により火の海と化す東京
これから始まる「火の七日間」を予感させる見事な映像
アノ人があてているナレーションもベストマッチ?
この短編の制作風景も館内で放映しています
こちらも楽しめます
でも宙に浮いている巨神兵はデカすぎないか?
映画「ナウシカ」ではよくわからない巨神兵も細かく作られています
ちょっとエヴァっぽいスタイルなのはご愛嬌?

ハリウッドでは最近の特撮はCGばかりで描けない事はない勢いですが
なんか味気ない気がしないでもない
わずか15年程前
「インデペンデンス・デイ」のホワイトハウス破壊のシーンは
まだ模型撮影でしたが見事でしたもんね
「スター・ウォーズ」のデストロイヤーだって模型ならではの迫力
「シスの復讐」のオープニングもいいですけど

さてこの企画展
かつて特撮ドラマに夢中になった世代も
最近のウルトラマンや仮面ライダーしか知らない世代も
誰でも楽しめると思います
昔の模型の特撮は味があったなぁと思う貴兄
会期はあと一週間程、急いだ方がいいですよぉ
でも平日でも混んでますので覚悟の上でお出掛けを

ところで企画展の副館長・樋口真嗣が監督した「のぼうの城」
一年の公開延期を経て11月に公開になります
わが実家のある行田にあった忍城のお話
コチラも楽しみ楽しみ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
平日でも混んでますか?
ワタシも10月に入ったら行ってこようと思ってますが・・・
ズルズル先延ばししている間に終了間近になってしまいました
まさかど
2012/09/29 10:32
>まさかどさん
平日でもそこそこ混んでます
細かいトコまで見てると人がはけるのまったりで意外と時間がかかるかも
短編はちゃんと見られます
わーるういんど
2012/09/30 17:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
遅ればせながら行ってまいりました わーるういんどのメタボな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる