わーるういんどのメタボな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 熱狂の日!

<<   作成日時 : 2010/05/03 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

行って参りました

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」
熱狂の日音楽祭です
ワタシにとって今回唯一のGWらしいイベント
’06年のモーツァルト以来4年ぶりに参加してみました

会場は↓
画像
巨大な船の底のようなココは・・・
そう「東京国際フォーラム」です
この音楽祭はココを舞台に様々なホールで様々な演奏者が様々なプログラムを
モノスゴイ数行うという、その上料金が安いという実に良いイベント
地下では色々な展示があったりNHKがBSで特番を中継していたりと
かなりの盛り上がり
ちなみにNHKはワタシが覗いたときは
ロケンローラー大友康平さんと女優の田丸麻紀さんが出演

ワタシの見るプログラムは19:30スタートなのでちょっとばかし早い
周辺を少しぶらついてみました

以前にもご紹介した三菱一号館
画像


東京駅は往時の姿を取り戻すべく工事中
画像
背後にはサウス・ノース2本のグランタワーが聳えます

後ろ(皇居方面)を振り返ると夕焼けがいい感じ
画像


重要文化財である「明治生命館」
画像


再び「三菱一号館」
画像
すっかり暗くなりました
ここは「国際フォーラム」と蓮向かいなのです

さてそろそろいい時間
画像
中庭(広場?)も人でごった返しています
観終わった人、これから観る人、様々でしょう
食事の出店もいっぱい出ているので食事中の人も多いです

さてワタシが観たプログラムは「ショパンの葬送」
ショパンの葬送行進曲の他モーツァルトのレクイエムが演奏されます
ワタシのお目当ては実はモーツァルトなのです
久し振りに生で聴くクラシックはやはり心地良い・・・
まして「レクイエム(鎮魂歌)」ですから魂を鎮めて安らかな眠りの世界に・・・

はっ!

いかん、いかん

レクイエムは死者を弔うためのもの
この曲はモーツァルトが正体不明の人物から依頼されましたが
完成させる前に自らが死んでしまい絶筆となったいわくつき
映画「アマデウス」が大好きなワタシはラクリモサを聴くと
モーツァルトの埋葬シーンが眼に浮かぶのです
何度聴いても素晴らしい曲
でも途中の「ディエス・イレ」の部分を聴くと
「ぺぇ〜るぅ〜そな、ぺぇ〜るぅ〜そな」と聴こえてしまうワタシ
わかる人います?

無事に聴き終え満足して家路に着きます
来年のテーマはなんだろうと今から楽しみ

最後は夜の有楽町駅
画像


カメラ:
 Nikon D80
レンズ:
 Nikon AF-S DX VR 18-200mm F3.5-5.6G

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
熱狂の日いいですねぇ
ワタシも行きたかった・・・
モーツァルトの埋葬シーンは言葉のイメージとは程遠いものです
ものすごく無造作に処理されてますよね・・・
史実でもあんな感じだったんでしょうか?

>「ぺぇ〜るぅ〜そな、ぺぇ〜るぅ〜そな」はメガテンですね
まさかど
2010/05/05 01:52
>まさかどさん
ワタシの観たプログラムは当日販売もしてました
来られるとよかったですのに
モーツァルトは共同埋葬されたのは事実なのですよね?
病気を疑われたのであんな感じだったと聞いたことがあります
>メガテンですね
そうです
でもメガテンやったことないです
PS時代のCMが妙に印象に残ってます
わーるういんど
2010/05/06 21:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
熱狂の日! わーるういんどのメタボな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる