わーるういんどのメタボな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS CP+に行ってきました 後編

<<   作成日時 : 2010/03/13 20:50   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日に引き続きCP+ネタをお届けします

まずは我がニコン
今年もニコンは一眼では特にニュースはなく
セミナーステージ中心の展示です
画像
この時は鉄道写真家・中井精也氏が講演中
人気写真家だけあって通路が通れない程の人だかり

D3Sの圧倒的な高感度を体験できる「ISO102400」コーナー
画像
暗幕の中に向いたD3S
ファインダーを覗くと真っ暗でほとんど見えません
がライブビューにすると・・・
クッキリ鮮やかに表示されます
恐るべし102400

他にも高感度を体感できるアクアリウムゾーンなども設置
画像
真っ暗な中に照明で浮かび上がる数々の水槽が幻想的

デジ一もう一方の雄キヤノンは昨年に引き続き回るシューティングステージ
画像
今回はコーヒーカップです
直前に発売されたKissX4を中心にラインナップをほぼ網羅
ワタシは5Dmk2を使用してみました
あまりシャープでないシャッターはやはりイマイチ
でも写りはよさそうで気にはなります
撮った写真をプリントしてもらえるようですが断ったら係の人が妙に残念そう
レンズが広角ズームでモデルさんが小さいので断っただけなのですけど・・・
そうそう5Dmk2はキャッシュバックが始まります

ブース内にはスタジオを設置
来場者をプロカメラマンが撮影してポスターとかにしてくれるそうです
画像
他にもニコンと同様高感度体感コーナーなどもありました

オリンパスはPENシリーズを強力にプッシュしていくようです
画像
出たばかりのE−PL1を触ってきました
EVFを付けてもらったのですが見えはまだまだです
小さく使いやすそうで興味はあります
ですがメイン機にはなりえませんね
ワタシはまだミラーレス一眼の本格普及には懐疑的です

シグマはSD15を展示
画像
前から見えるマゼンダの部分はフィルター?
以前と違い何故か丸くなっています
実機も触ってみましたがメディアへの書き込みが異様に遅い
レスポンスよく撮影するのはちょっとつらそう

こちらは興味のある85mmF1.4
画像
まだケース内展示だけ
どんな写りをするのでしょうか?
純正を持っているので気になります

タムロンは恒例の魚住誠一氏によるポートレイト講座
画像
やはりものすごい人だかりです

他にはリコーのGXRとか見てまいりました
画像
でも基本的にコンデジしかないメーカーはほとんどスルー
他には非常に気になるディスプレイ関係なども興味を持って見てきました
そろそろ改善したい部分ですので・・・

こちらは日本カメラ博物館からの企画展示
画像
円周魚眼がそのままくっついてるカメラです

コチラはニコンF
画像
昨年発売50周年を迎えた遥かなご先祖さまですな

CP+ネタは明日で最後
お待ちかねのあの特集です

カメラ:
 Nikon D80
レンズ:
 Nikon AF-S DX VR 18-200mm F3.5-5.6G

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私の今の愛機を使っていると(・・時々?)
高感度に強いカメラに憧れる事ありますけど・・・
流石に102400は・・・と言うか〜凄いとしか言い様がないですね^^;;

てか、やっぱ、単純に
初代Fは格好良いです!♪
〜んが、
魚眼のボディ何だろう?120film?Sマウント?Lマウント?
レンズはたまに都内で吃驚価格で見かけますね。
かずい
2010/03/14 18:41
>かずいさん
流石に102400は使いどころなかなかないと思います
でも今まで撮れなかったものが撮れるようになる事に意義があるんだと中井精也氏も言ってました
氏の高感度の鉄道写真見ると唸らされます
魚眼のボディはマウントという概念ではないのでは・・・
フィルムは120って書いてあります
ニコンの全周魚眼は画角が180度を超え220度くらいありましたよね
わーるういんど
2010/03/14 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
CP+に行ってきました 後編 わーるういんどのメタボな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる