わーるういんどのメタボな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 陽春の秩父路

<<   作成日時 : 2009/05/01 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

陽春というより初夏を思わせるような陽気のもと

慣らしを兼ねてバイクで出掛けてきました
行き先は色々迷ったのですが結局県内周遊ということで
秩父の奥地を目指してみました

まず立ち寄ったのは長瀞駅
画像
岩畳やライン下りなどを有する県内でも有名な観光地なのですが駅はこじんまりしています
名物桜の季節も過ぎ平日ということもあってか人は少ないですね
ちょうど特別色のイエローに塗られた電車が入ってきました

秩父の道の駅で一服
画像
石灰岩の山・武甲山を望めます
この武甲山は良質な石灰が採れることからセメントの材料として切り崩されてきました
ワタシが子供の頃は「いつかはなくなってしまう」と実しやかに語られましたが
流石になくなってしまうようなことはないですね

二瀬ダムへ到着
画像
ここは荒川最奥のダムです
以前も良くここまで来たことはありましたが売店がなくなってたりしてちょっと寂れています

ここから先は一車線の狭いトンネルです
画像
反対側はダムの向こうで待っています
昔の釜トンネルほどではないにしろ結構待たされます
トンネル内で三峰山と栃本方面へ分岐します

トンネルを栃本方向へ抜けると二瀬ダムによって作られた秩父湖が広がります
画像
今回はちょっと寄り道して三峰山へ立ち寄りました

三峰山は初めて訪れました
山頂には三峰神社があります
画像
調べてみると日本武尊が東征のおりにこの山に登り
イザナギ・イザナミの国造りを偲んで創建したとあります
ですのでここには日本武尊の像が建っています
画像
なぜ三峰山に日本武尊かと思っていたのですがちょっと調べればわかることでした
同じ県内とはいえ知らないことはたくさんあります
でもなぜか隣には極真の創始者・大山倍達の碑があったりします

三峰を下り栃本方向へ向かうとそこはかつて秩父往還と呼ばれた路
往時を偲ばせるような雰囲気の狭い路が続きます
信州へ向かう中仙道と甲府へ向かう甲州街道に挟まれた裏街道として栄えたようです
そんな街道の道中にはかつて関所が設けられていて今でも残っています
栃本関所跡
画像
東海道の箱根のように規模は大きくありません
バイクだと見過ごしてしまいそうにひっそりと佇んでいます

栃本関前より
画像
この山里の風景は当時からどのくらい変わったのでしょう?
一つわかるのは画面中央辺りを走る道路です
かつて雁坂峠を人は足で越えましたが自動車は簡単には越えられませんでした
熊谷から甲府へ至る国道140号は長らく埼玉・山梨県境で分断されていました
ですが10年ほど前に遂に雁坂トンネルが開通し140号はつながりました

栃本から先に進むとトンネル開通と同時につくられた新道に出るのでそれを逆に戻り帰路に着きます
今回は逆方向でしたが新道を秩父方面から上ってくると目を瞠る光景に出会えます

04/10/01撮影
画像
滝沢ダムのループ橋です
天城のループ橋のように何回もまわりませんが
巨大なダムの眼前を駆け抜けるといった他では味わえない走りが楽しめます

近場を見直すこんなツーリングも楽しいです
県内もまだまだ知らないところが多いですね

機材:
 Nikon D80
 Nikon AF-S 18-200mm F3.5-5.6G

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
秩父に行ってたんですね
三峰神社にはスティードに乗ってた頃に一度行きました
二瀬ダムも寂れてしまいましたか
キレイな新道が出来てしまったから立ち寄らなくなってしまったのでしょうか?
三峰山もロープウェイが廃止になってしまったので、観光にはかなり影響がありそうですね
まさかど
2009/05/02 00:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
陽春の秩父路 わーるういんどのメタボな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる