わーるういんどのメタボな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS ボンド役は誰がお好き?

<<   作成日時 : 2009/01/19 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日の007ネタに関連しまして

画像


既にボンド役の俳優も6人目
皆さんは誰がお好きですか?
往年のファンの方はやはりショーン・コネリーでしょうか?
ワタシがシリーズを観始めた頃はすでにロジャー・ムーアでした
というわけで6人のボンド役者を独断と偏見で評してみましょう

ショーン・コネリー
 言わずと知れた初代ボンド
 後のボンドとはちょっと違い適度なユーモアもありますが
 どちらかというと男臭さムンムン系と思います
 「ロシアより愛をこめて」〜「サンダーボール作戦」の傑作3作品で
 ボンド映画の方向を決定付けました
 やはり面白いのはこの3作ですかね?
 第5作「007は二度死ぬ」は日本で製作されました
 ボンドカーのトヨタ2000GTオープンバージョンは実車を見たことがありますが
 文句なしにかっこよかったです(オリジナルよりいいかも?)

ジョージ・レーゼンビー
 「女王陛下の007」1作だけに出演した二代目
 ショーン・コネリーの後であの風貌ではちょっとキツイか?
 作品自体の評価はまずまず高いのですけどね

ロジャー・ムーア
 「死ぬのは奴らだ」から「美しき獲物たち」まで7作に出演している三代目
 ボンド役者の中で作品数は最大です
 ワタシの世代は彼が最初のボンド役者
 ムーア自身がちょっと高齢でアクションが得意ではないこともあってか
 体のキレはイマイチで男臭さもちょっと乏しいですが
 イギリス人ぽくウィットに富んでいて洒落ていてコネリーとは違うタイプの
 ボンドでした
 この頃になるとストーリーも荒唐無稽なものが多くなってきて派手な作品が
 多いですね
 個人的には「死ぬのは奴らだ」がシリーズの中で異色で好きだったりします
 サメディ男爵強烈です

ティモシー・ダルトン
 シリーズ25周年にあわせて登場した四代目
 ですが結局2作で降板してしまいます
 ボンドにしては生真面目すぎる雰囲気が受けなかったのでしょうか?
 「消されたライセンス」はボンドが個人的な理由で敵を追い詰める異色作です

ピアース・ブロスナン
 前作から6年もの間を開けシリーズも終了かと危惧した頃登場した五代目
 「ゴールデンアイ」の開巻でのバンジージャンプで圧巻の登場?
 今でも名所になっているそうです
 歴代の中でも飛びぬけてスマートでカッコよく個人的には好きでした
 ユーモアがあるというよりちょっと皮肉屋なところが玉にきずですが
 作品的にはムーア時代のようにちょっと荒唐無稽な方向へ走り気味だった
 気がします

ダニエル・クレイグ
 シリーズを大方向転換させて登場した六代目
 今までのボンドとは趣が違い1人の人間としてのドラマを重視する作りで
 今後の行方は未知数ですが大いに期待できます
 役に決まった時はかなりバッシングにあったそうですが前作はかなり評判も
 よかったのでファンは納得したのかな?

もう35年も続いてるシリーズ
最近BDでの発売も開始されているので古い作品を観るのも面白いですよ
今の感覚で観ると結構ビックリするところも多いです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おおっボンドシリーズ勢ぞろいですね
ワタシも全巻セット持ってますが、ロジャー・ムーアの作品は観る気が起きなくて1・2本しか観てないです
一番なじみのあるボンドですが、今見ると結構老けてますよね?たしかコネリーより年上じゃなかったかな?
クレイグ版がドラマ重視のリアル路線なのは、昨今のリアル工作員物(ボーンとか)の影響でしょうか?
とりあえず「慰めの報酬」観に行かなくちゃ
まさかど
2009/01/19 22:03
>今のリアル工作員物(ボーンとか)の影響でしょうか?
そうかも知れませんね
クレイグ版はこれからどんな風にボンドを描いていくのか楽しみです
わーるういんど
2009/01/20 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボンド役は誰がお好き? わーるういんどのメタボな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる